マダニ 感染症 SFTSとは?

スポンサーリンク





 

⇒ 朝起きたら身体がかゆくて赤いポツポツがたくさん!
夏の季節100%発生するダニの悩みを一発解決する!子どもがいても安心安全で負担がかからない方法
⇒ もしかして・・・ダニ刺され?
ダニに刺されてからでも有効!これなら安心して布団で眠れます
⇒ 支持率93%のダニ対策はこれ
夏本番!みんな使ってます、まだ試してないなら今すぐチェック!99%満足できるダニ対策
⇒ ダニ刺されのかゆみを根本から解決する秘訣
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の方法とは?

 



▼ベッドで刺された!子供が心配!それならコレ▼

マダニ 感染症 SFTSとは?

SFTSウイルス(SFTSV)に感染すると6日?2週間の潜伏期を経て、発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くの症例で認められています。

 

SFTSは今のところ、マダニ類が媒介すると考えられています。
これらの感染症にかからないために、野外でのダニ対策を行うとともに、野外でダニに咬まれた後、数日して発熱等の症状が認められた場合は、速やかに医療機関を受診してください。

 

SFTSの正式名称は、「重症熱性血小板減少症候群」。SFTSウイルスを持つマダニに咬まれることで、人間に感染します。

スポンサーリンク





▼ダニ刺されで腫れた!子供が心配!
そんな夏の悩みを解決▼

⇒ ダニはもう嫌!家中からダニをシャットアウトするグッズはこちら

SFTSウイルスに感染すると、6日から2週間の潜伏期間(感染から発症までの期間)を経て、発症します。

 

名前の通り、発熱と血を止めるために必要な血液の成分である血小板が減少し、出血しやすくなります。

 

厚生労働省によると、北海道から九州まで、少なくとも30道府県でウイルスを確認。日本の場合、これまで感染が確認された人の数は53人。そのうち21人が亡くなっています。

 

どの種類のマダニが保有しているのか、その保有率はどれくらいなのかなどの詳細な実体については、まだわかっていません。

 

ウイルスを保有しているマダニに咬まれることによって感染するといわれています。
また、中国では、患者の血液や体液との直接的接触による感染も報告されています。

スポンサーリンク





▼ダニ刺されで腫れた!子供が心配!
そんな夏の悩みを解決▼

⇒ ダニはもう嫌!家中からダニをシャットアウトするグッズはこちら

 

おすすめ記事

 

マダニ 感染症 SFTSとは?

SFTSウイルス(SFTSV)に感染すると6日?2週間の潜伏期を経て、発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くの症例で認められています。SFT...

≫続きを読む

マダニ 感染症 検査とは?

厚生労働省は感染症法に基づく報告義務の対象に指定、検査体制を整えて感染の実態把握に努めています。症状がある場合は,まず医療機関を受診してください。医師が,診察に...

≫続きを読む

よく読まれる関連ページ

かゆくて赤いポツポツが出た時の対処法

サンプルサイト

夏の季節100%発生するダニの悩みを一発解決する!子どもがいても安心安全で負担がかからない方法をご紹介します。

≫詳細ページ

いつの間にかダニ刺された場合は?

サンプルサイト

ダニに刺されてからでも有効!これなら安心して布団で眠れるはず!お困りの方必見

≫詳細ページ

支持率93%のダニ対策とは?

サンプルサイト

夏本番!みんな使ってます、まだ試してないなら今すぐチェック!99%満足できるダニ対策

≫詳細ページ

刺されたかゆみを根本から解決する秘訣

サンプルサイト

たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の方法とは?この方法を知ってるか知らないかで人生が一変します。

≫詳細ページ



▼ベッドで刺された!子供が心配!それならコレ▼